読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FreePark diary

ライフスタイルデザインストア『FreePark』のオフィシャルブログです。

120年の歴史が詰まったスニーカー

f:id:freepark:20170213160237j:plain

 

アサヒ。

と聞いてもパッとこないと思います。

 

では、「上履き」だったらどうでしょう?

懐かしい子供時代を思い出しますよね。

私は毎週洗うのが嫌だった記憶が多いですが(笑)

きっと皆さん1度はアサヒの靴を履いたことが

あると思います。

 

それはアサヒが120年以上の歴史ある

シューズメーカーだからです。

かつてはナイキから制作依頼が来ていたそうです!

 

九州の久留米にある工場ではたくさんの

職人さんが昔ながらの手仕事と

最新の技術を取り入れ日々靴を作っています。

 

そして、様々な技術の詰まったシューズは

百貨店やスニーカーショップで販売されて

います。

 

今回FreeParkに入荷したモデルは

そんなアサヒが自信をもって発表した

ラインのスニーカーです。

 

1970年代のモデルをベースに、

ディテールにこだわったMade in Japanの

スニーカーは一見の価値あり。

 

シンプルなデザインなので、

春先のファッションにぴったり!

細見のシルエットがとてもきれいです。

 

アッパーは柔らかさにこだわった、

『通称:袋縫い』

で作られているので、通気性がよく、

キャンパス地に優しいシワ感があるのが特徴。

足をすっぽりと包みこみ履き心地がよくなって

います。

 

ソール側面に巻いたラバーテープ

手作業により、幅を踵からつま先にかけて

高低差をつけ、微妙なカーブでクラシック感、

シャープ感を表現しています。

 

アウトソールは屈曲性の良い、

カッティングソールを採用しています。

 

この「カッティングソール」。

ほとんど制作しているところはなく

古い機械を使い、手作業で制作しています。

ソールに波々の溝があることで、

歩いたときに足の動きに合わせてゴム底が

曲がるようになっています。

もともとデッキシューズに使われていたため、

水にも滑りにくいという特徴もあります。

 

インソールはクッション性を考慮した

約8mmの厚味でへたりにくく履き心地抜群です。

 

品質がよく、シンプルなデザインの

履きやすいスニーカーをぜひご試着くださいませ。

 

ご来店の際はスタッフにお気軽にご相談ください。

 

・ASAHI M015 ハイカットキャンバス スニーカー JPY10,000+tax

・ASAHI M014 キャンバス スニーカー JPY10,000+tax

・ASAHI M013 キャンバス スリッポン  JPY8,000+tax

 サイズ:23.5cm/24cm/24.5cm/26cm/26.5cm/27cm

完売時はご容赦ください。

f:id:freepark:20170213160538j:plain

f:id:freepark:20170213160557j:plain